xAPI / Tin Can APIガイド

更新日

このガイドでは、xAPI について説明します。


xAPIとは何ですか?

xAPIは、Tin Can APIまたはexperience APIとも呼ばれています。SCORMの後継となります。

xAPIを使うと、本を読んだ、会議に参加した、hihahoの動画を視聴したなど、いわゆるマイクロラーニングを登録し、その結果をラーニングレコードストア(LRS)に保存しておくことができます。

xAPIの利点は、学習管理システム外でも学習動画の成果を追跡できることです。hihahoの典型的な使用例としては、インタラクティブ動画へのリンクを電子メールで送信することです。視聴者はそのリンクをクリックするだけで、その結果が自動的にLRSに保存されます。

マイクロラーニングとxAPIについては、elearningindustry.comで紹介されています。


xAPIを有効にする方法

動画設定→設定からLMSタブに移動します。

【 xAPIを有効にする】を【はい】に切り替え、エンドポイント、ユーザー名、パスワードを入力します。Learning Record Store (LRS) のエンドポイントは、すべての LRS リクエストを処理するリンク (URL)です。このテキストフィールドにエンドポイントのURLを入力またはコピーしてください。

最後に、【保存】をクリックします。



よくある質問

hihahoは、誰が動画の視聴を終えたかをどのように登録するのですか?
現在のユーザーに既知の電子メールアドレスがない場合、電子メールアドレスを記入するよう促されます。

hihahoはxAPIを通じてどのようなコマンドを送信するのですか?
動画はxAPIを通してLRSにいくつかのコマンドを送ります。’course’ と ‘video’ のxAPIレシピを使います。xAPI レシピの詳細は https://tincanapi.com/recipes/ をご覧ください。


コマンド説明レシピVerb
eラーニングコースのセッションを開始動画が初めて再生されるとき、このx APIコマンドが送信されます。course http://adlnet.gov/expapi/verbs/attempted
eラーニングコースの質問に回答質問に回答したとき、このx APIコマンドが送信されます。coursehttp://adlnet.gov/expapi/verbs/answered
eラーニングコースのセッションを完了視聴者が動画を最後まで視聴したとき、このx APIコマンドが送信されます。coursehttp://adlnet.gov/expapi/verbs/completed
eラーニングコースに合格視聴者が動画に合格するために必要な最小限のパーセンテージ以上のスコアを獲得したとき、このx APIコマンドが送信されます。これらの設定は、【レポート】タブの xAPI 設定の隣にあります。coursehttp://adlnet.gov/expapi/verbs/passed
eラーニングコースに不合格視聴者が成功するために必要な最小パーセンテージのスコアを満たしていないとき、このx APIコマンドが送信されます。coursehttp://adlnet.gov/expapi/verbs/failed

⚠ この機能が表示されない場合、このオプションはあなたのプランに含まれていない可能性があります。サポートが必要な場合は、info@hihaho.com にご連絡ください。