分岐したシナリオ動画の作り方

更新日

インタラクティブ動画で分岐したシナリオを作るには、すべての可能な選択肢を撮影し、動画編集でそれらを順番に配置する必要があります。
その上でhihahoでフラグメント(動画の一部)を使用して、動画を分岐させます。分岐したシナリオを作るには、以下のような複数の方法があります。

質問インタラクションを使う方法
一時停止やループを使い、インタラクションを組み合わせる方法
2番目の方法を使用する場合は、異なるインタラクションを組み合わせる必要があります。

オプション1: 質問インタラクション

シナリオを分岐させる最も簡単な方法は、質問インタラクションを使うことです。普段と同じように、質問と回答を使います。
そして、それぞれの答えに、【動画の特定の時間にジャンプする】のようなアクションタイプを使用します。そうすると、動画が指定された部分にジャンプします。
注:視聴者にシナリオの最後で質問にジャンプして戻らせたい場合、質問に複数回回答できるようにする必要があります。この機能は、【拡張設定】タブにあります。

オプション2:ポーズスクリーンまたはループを使った異なるインタラクションの組み合わせ

もう1つの方法は、異なるインタラクションを一時停止またはループで組み合わせることです(インタラクションにジャンプ)。【ホットスポット】、【テキスト】、【画像】、または【透明ボタン】のアクションタイプを使って、クリック可能なボタンを作成します。一時停止インタラクションを使って動画を一時停止するか、【インタラクションにジャンプ】を使ったループを作成することで、視聴者が選択するのに十分な時間を確保します。


最後に一時停止画面にジャンプして戻り、視聴者に他の選択肢を見せることができます。これを可能にするには、分岐したシナリオの最後に【ジャンプ】のインタラクションを使用します。

ループ:

一時停止:

上級者向けヒント

例えば、Adobe After Effectsなどでボタンを作成し、この動画のように透明ボタンを使ってインタラクティブにすることができます。