インタラクティブなハウツー動画を作成する理由
how to 動画

これまでに「インタラクティブ動画」と呼ばれる新しい動画コンテンツを目にしたことがあるでしょうか?
従来の動画が一方通行で視聴するしかなかったのに対し、このインタラクティブ動画は視聴者が動画の流れをコントロールできる双方向型の動画なのです。

例えば商品の説明動画の場合、視聴者が気になる部分をクリックすると、その部分の拡大図や解説が表示されたり、複数のバリエーションから自分に合ったものを選択できたりします。マニュアルの動画でも、実際に操作を体験しながら学習できるようになっているなど、様々な活用法が存在します。

インタラクティブ動画は単なる動画コンテンツ以上の効果が期待でき、最近では教育、マーケティング、アフターサポートなど多岐にわたる業務シーンで注目を集めています。その、特徴ととメリット、成功事例について順を追って見ていきましょう。

  1. インタラクティブなハウツー動画の特徴
  2. インタラクティブなハウツー動画が必要な理由
  3. インタラクティブなハウツー動画の成功事例
  4. まとめ

1. インタラクティブなハウツー動画の特徴

親子写真

1.1 リアルな手順の体験
インタラクティブなハウツー動画の魅力にはさまざまな要素がありますが、その中でも特に注目すべき点は「リアルな手順の体験」です。通常の動画ではある程度の説明があっても、実際に手を動かして学ぶことが難しかったのに対し、インタラクティブなハウツー動画は視聴者が手順を実際に体験する機会を提供します。

○クリックや選択を通じた実践的な参加
インタラクティブなハウツー動画では、あなたが画面上の要素をクリックしたり、選択したりすることで、手順を進めていくことができます。例えば、製品の使い方やアプリケーションの設定手順を学ぶ際、通常の動画では見るだけで終わってしまう部分を、インタラクティブな動画では自分で操作することで実際の手順に近い形で体験できるのです。

○Wyzowl社の調査による記憶への影響
具体的な数字でその効果を考えてみましょう。Wyzowl社によると、インタラクティブ動画は従来の動画よりも32%も記憶に残りやすいと言及されています。これは単なる視聴ではなく、視聴者が積極的に参加し、実際に手を動かして学習することが、情報をより深く脳に刻み込む一因となっていると考えられます。

○具体的な事例で理解を深める
この特徴を理解するために、実際の事例を挙げてみましょう。あなたが新しいソフトウェアの導入を検討していると仮定しましょう。通常の動画では操作画面の見せ方や機能の説明が主体でしたが、インタラクティブなハウツー動画では実際に画面上のボタンをクリックしたり、設定を変更したりすることで、まるで実際にソフトウェアを操作しているかのような感覚を得ることができます。

このような具体的な手順の体験は、単なる理論や説明では得られない、実践的でリアルな学びを提供します。そして、それが記憶に残り、理解度を深める一助となるのです。

インタラクティブなハウツー動画を通じて、リアルな手順を体験することで、視聴者はより実践的なスキルを身につけ、深い理解を得ることができるでしょう。

1.2 段階的な理解が可能
インタラクティブ動画では視聴者が自分のペースで理解を深められるため、初心者にも操作方法を段階的に理解してもらえます。文章や静止画だけよりも習得効率が高まります。
例えば、Excelのピボットテーブルの利用方法を解説したインタラクティブ動画であれば、次のような段階的理解が可能です。

エクセル画面イメージ

・最初にピボットテーブルの基本概念と全体の流れの説明動画を視聴
・次にデータ選択からレイアウト構成までの各段階を選択しながら詳細操作を理解
・最後に関連する応用操作を任意で選択

このように、動画視聴者が自分の習熟度に応じて必要な段階だけを選択学習できます。全体像から詳細操作へ、必要に応じた応用操作へと、体系的な理解を段階的に深められるのがインタラクティブ動画の大きな特徴です。

文章や静止画のマニュアルよりも効率的に習得できることが米国での調査でも報告されています。

1.3 分析に基づくコンテンツ最適化が可能
新製品の操作説明インタラクティブ動画であれば、視聴者の動画への操作と視聴データを分析できます。

・多くの視聴者が特定の操作で迷っている場面が分かった
・操作後の理解確認クイズで正解率が低い点が明らかに
・動画内のジャンプ機能を使わずにすべて順送りに視聴

このデータを元に、問題のある操作の動画を詳細化、クイズを追加、ジャンプ機能の説明を強化するといったコンテンツの最適化が可能です。

分析結果に基づき動画を改善することで、インタラクティブ動画の完成度を向上させ、製品習熟の効率化につなげられることが、自動車メーカー等の事例で実証済みです。

2. インタラクティブなハウツー動画が必要な理由

How to 動画制作

2.1. 視聴者参加の促進
インタラクティブ動画は通常の動画に比べて視聴時間が44%長いという調査結果があります。
単純作業の場合でも、実践を伴うインタラクティブ動画の方が頭に入りやすく、操作習得までの時間の短縮にもつながります。学習効果を最大化しつつ楽しさも兼ね備えた新しい動画体験が可能となるのです。

例えば製品の使い方動画であれば、実際に画面内で操作を体験しながら学ぶことが可能です。
操作方法だけでなく、クイズ形式で習熟度を確認したり、利用シーンに合わせて必要な機能を選択したりと、視聴者は能動的に参加することで主体的に理解を深められるのです。
単純作業の場合でも、実践を伴うインタラクティブ動画の方が頭に入りやすく、操作習得までの時間の短縮にもつながります。学習効果を最大化しつつ楽しさも兼ね備えた新しい動画体験が可能となるのです。

通常のハウツー動画では視聴者が受動的な存在でしたが、インタラクティブな要素を組み込むことで、視聴者は積極的に参加し、実際に手を動かして学ぶことができます。これにより、理解度が向上しやすくなります。

2.2. 失敗から学ぶ機会の提供
失敗から学ぶことは成長に欠かせない一環ですが、通常のハウツー動画ではその機会が限られています。ここで登場するのが、インタラクティブなハウツー動画です。この新しい形式は、失敗を通じて学ぶ機会を効果的に提供し、知識の定着とスキルの向上に大きな影響を与えます。

○インタラクティブ動画がもたらす失敗からの学び
通常のハウツー動画では、視聴者は画面上で示された手順に従うだけでした。しかし、インタラクティブな動画では、視聴者が選択を誤ることがあります。例えば、新しいアプリの使い方を学んでいるとします。通常の動画ではただ見るだけでしたが、インタラクティブな動画では実際に画面上の選択を試してみることができます。もし誤った選択をしてしまっても、それが即座にフィードバックとなり、正しい手順への修正が可能です。

○失敗を通じた経験の価値
失敗から学ぶことは、理論だけでは得られない実践的な知識を提供します。インタラクティブな動画は、視聴者が自身の意思で選択を行うことを促し、その選択に伴う結果を経験させます。このプロセスは、単なる理論の理解を超えて、実際の問題解決やスキルの習得に繋がります。視聴者は自身の失敗から学び、その経験を通じてより深い理解を築くことができます。

○フィードバックの重要性
インタラクティブな動画が提供する失敗からの学びは、フィードバックの即時性に大きく依存しています。視聴者が選択を誤った場合、すぐに正しい情報や手順に誘導され、修正が可能です。このプロセスによって、失敗が知識の向上につながり、同じ過ちを繰り返すリスクが軽減されます。

具体的な例を挙げてみましょう。あなたが新しいプログラム言語を学びたいと考えているとします。通常のハウツー動画では、単に画面上の手順を見るだけでしたが、インタラクティブな動画ではコーディングの一部を自分で試すことができます。もしエラーが発生した場合、動画はそのエラーの原因や解決策を提供し、視聴者はそのまま学びを進めることができます。

失敗から学ぶ機会の提供は、インタラクティブなハウツー動画がもたらす大きな価値の一部です。この形式を通じて、視聴者は積極的に関与し、失敗を通じた学びのプロセスを通してスキルや知識を向上させることができます。

2.3. ユーザビリティの向上
製品やサービスの使用方法を示すハウツー動画は、ユーザビリティ向上のために欠かせません。しかし、単なる説明だけではなく、実際の操作を組み込むことで、視聴者がよりスムーズに製品やサービスを活用できるようになります。

3. インタラクティブなハウツー動画の成功事例

インタラクティブ動画イメージ

3.1. 製品の効果的な紹介
製品を成功裏に紹介する手段として、インタラクティブなハウツー動画は顕著な成果を上げています。通常の動画では難しかった製品の機能や操作方法を、インタラクティブな要素を組み込むことで、視聴者に分かりやすく伝えることが可能です。

ホンダは、自動車産業で数々の革新的な動画戦略を展開しています。特に、製品のデモンストレーションや教育目的において、インタラクティブなハウツー動画を活用しました。この取り組みにより、以下のような成果が挙げられています。

○顧客エンゲージメントの向上
従来の動画では表現しきれなかった製品の魅力や特長を、インタラクティブな動画がより鮮明に伝えることができました。視聴者は単なる受動的な観察者ではなく、実際に製品の操作や機能を試すことで、深い関与感を抱くことができました。

○製品の特徴を理解しやすく
ハウツー動画にインタラクティブな要素を組み込むことで、視聴者は自分のペースで製品の特徴を理解できます。必要な情報に迅速かつ的確にアクセスできるため、製品への理解がより深まり、購買意欲が高まりました。
別の企業も、同様の手法で製品の効果的な紹介に成功しています。新製品の発売に際して、インタラクティブなハウツー動画を制作・公開しました。これにより、以下のような成果を上げました。

○製品の機能の詳細な理解
インタラクティブな要素を組み込んだハウツー動画により、視聴者は製品の機能や使い方に関する詳細な情報を手に入れることができました。これが、購買前に製品に対する信頼感を高め、積極的な購買行動に結びつきました。

○クリック率の向上
通常の動画に比べて、インタラクティブなハウツー動画ではクリック率が向上しました。視聴者が自分の関心に応じて動画内を自由に探索できるため、より多くの情報を取り入れることができ、興味を引きやすくなりました。

3.2. トレーニングの効率
インタラクティブなハウツー動画は、教育の分野で革新的な変化をもたらしています。その中でも特に注目すべき成功事例のひとつが、「トレーニングの効率化」です。これは、学習者がより迅速かつ効果的に特定のスキルを習得できるようになった事例です。

○効率の向上による時間短縮
インタラクティブなハウツー動画を導入した学習プログラムでは、従来の教育方法に比べて学生が特定のスキルを習得するまでの時間が約30%短縮されました。これは、動画が提供するリアルな手順の体験が学習者の理解を迅速かつ効果的に促進していることを示しています。

○実際の操作を通じた深い理解
インタラクティブなハウツー動画は、単なる視聴ではなく、学生に実際の操作を通じてスキルを磨く機会を提供しています。これにより、理論だけでなく実践的な知識も同時に身につけることができ、深い理解が生まれます。例えば、プログラミングのトレーニングでは、学習者が実際にコードを書きながら進めることで、抽象的な概念を具体的なスキルに変えることができるようになりました。

○具体的な成功例
具体的な成功事例として、大手IT企業が従業員トレーニングにインタラクティブなハウツー動画を導入したケースが挙げられます。彼らは製品やシステムの操作方法を、動画内でのクリックや操作によって学習者が実際に手を動かしながら理解できるようにしました。その結果、新たなスキルやプロセスの習得が迅速化され、トレーニングの効率が向上しました。

この成功例は、単なる情報の伝達ではなく、実践的な経験を通じてスキルを磨く手法が、トレーニングの効率化に大きく寄与することを示しています。インタラクティブなハウツー動画は、教育の未来をより効果的にデザインする新たな可能性を切り拓いています。

4.まとめ

動画編集場面

具体的な理由と成功事例を挙げ、なぜインタラクティブなハウツー動画を作成する必要があるのかをご説明しました。これにより、視聴者は通常の動画では得られない積極的な学習体験や効果を理解できるでしょう。
インタラクティブなハウツー動画は、手順の実践的な体験やユーザビリティ向上、失敗からの学習機会を提供することで、従来のハウツー動画を超えた価値をもたらします。成功事例も示し、企業や教育機関が実際に導入した際の効果を示唆しています。

これからは単なる説明だけでなく、視聴者との対話や参加を促進するインタラクティブなハウツー動画が、より深い理解とスキルの向上をもたらすことでしょう。新しい時代の学びや情報の共有手段として、インタラクティブなハウツー動画制作にチャレンジしてみませんか?
何か疑問等ございましたらお気軽にお問い合わせください!

関連記事